セブンイレブンの新商品として、セブンカフェからキリマンジャロブレンドのアイスコーヒーが発売されます。

ここでは、キリマンジャロブレンドのアイスコーヒーがいつ販売開始になるのか(発売日)、値段や味などについてお伝えします。

ちなみに、キリマンジャロブレンドのアイスコーヒーは世田谷区限定で販売されていたようですね。

キリマンジャロブレンドのアイスコーヒー セブンイレブンの新商品

そして、キリマンジャロブレンドと言えば、ホットコーヒーとしては以前に販売されていました。

その際はレギュラーサイズで通常のホットコーヒーの値段が税込み100円のところ、キリマンジャロブレンドは10円高い110円での販売でした。

青の贅沢 高級キリマンジャロブレンド(新商品)

青色のカップが高級感もあり、それでもわずか10円の差だったため、結構好評だったようですが、味は「どこがキリマンジャロ?」というものでした。

青の贅沢 高級キリマンジャロブレンド

まあ、キリマンジャロとは言ってもブレンドなので仕方ないのかもしれませんが、今回販売予定のキリマンジャロブレンドはアイスコーヒーです。

その味はどうなのでしょうね。

 

発売日は25日(火曜日)、値段は税抜き102円、税込み110.16円です。

 

販売地域や味についてはまだわかりません。

発売されたらすぐに飲んでみます。

 

しかし、キリマンジャロはもともと酸味が強いコーヒー豆です。

なので、深入りにしてアイスコーヒー、しかもブレンドでキリマンジャロ感は出るのだろうか?

と、かなり懐疑的ではありますが、楽しみでもあります。

 

味や販売地域などについては、発売後に追記します。

セブンカフェのマシンについての特徴

セブンイレブンに限らず、カフェマシンの特徴として、コーヒー豆をつぎ足しして使うことがあります。

セブンカフェは常に新しいコーヒー豆をつぎ足していきますが、一定量は入れておかねばならないため、つぎ足した新しいコーヒー豆でコーヒーを淹れるのは数十杯は後になります。

 

従って、どうしても新しいコーヒー豆でコーヒーを淹れる時にはコーヒー豆が若干古くなってしまいます。

 

しかし、キリマンジャロブレンドのアイスコーヒー、販売初日はどうでしょうか?

そうです。初日であれば新鮮な豆を挽いてコーヒーを淹れることになります。

従って、初日に限って言えば唯一、新鮮な状態の豆でコーヒーを味わえることになりますね。

 

その意味でも、キリマンジャロブレンドのアイスコーヒー、販売初日は逃せません。

キリマンジャロブレンドのアイスコーヒーを飲んでみた感想

早速、キリマンジャロブレンドのアイスコーヒーを飲んでみました。

キリマンジャロブレンドのアイスコーヒー

キリマンジャロブレンドの豆をカフェマシンに入れてすぐくらいだとのことでした。

いつものセブンイレブンのアイスコーヒーとはやはり味が違いました。

 

香りは悪くないのですが、味は雑味が多すぎるというか、美味しくありません。

 

香りも悪くはないとは言っても、香りも味も、そのどこにもキリマンジャロの風味というかキリマンジャロっぽさは皆無です。

まあ、あくまでもブレンドですし、美味しければ良いのですが、個人的には不味いとしか思えませんでした。

 

前回のホットコーヒーのキリマンジャロブレンドもキリマンジャロっぽさがないだけでなく美味しくなかったですからねえ。

 

とは言え、コーヒーは多分に嗜好性の強いものですから、上記の感想はあくまでも私の個人的感想です。

美味しいと思えれば、たったの10円の違いで高級感が味わえるなら安いものです。

 

ですが、私の味覚には合いませんでした。

残念ですが。

 

個人的には美味しさは2点、コスパも2点という感じで、いつものアイスコーヒーのほうが好きです。

とは言っても、キリマンジャロブレンドのアイスコーヒーも、多くの昔ながらの喫茶店で出てくるようなアイスコーヒーよりはかなり美味しいとは思います。

 

キリマンジャロブレンドのアイスコーヒーが不味いと感じるのは、いつものセブンイレブンのアイスコーヒーと比べてということと、私の好みの問題です。

なので、お近くのセブンイレブンで、1度はお試しになってみて下さい。