セブンイレブンの新商品、宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)を食べてみた!

同時に発売されたオランジュショコラムースが非常に美味しかったので、こちらにも期待して買ってみたわけです。

宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)新商品

この商品宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)もオランジュショコラムースと同様に絶妙なハーモニーで楽しませてくれるでしょうか?

宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)新商品を食べてみた感想

こちらの宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)新商品もいろいろな部位から成り立っているスイーツなので、全体としてのバランスとハーモニーが課題となるでしょう。

ちなみに、こちらの構成は以下の通りです。

パッケージの一部を拡大しました。

まず上部にどら焼生地、わらび餅、白玉、抹茶ホイップに抹茶ゼリーとかなりごちゃごちゃ乗っています。

その下にホイップクリームが甘味として入り、その下は抹茶ムースと抹茶ゼリーという構成です。

そして上の写真のイラストの通り、最下層は抹茶ゼリーが小さなサイコロのものともう少し柔らかい全体を包み込むゼリーとに微妙に分かれています。

 

このように少し複雑な構成になった宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)ですが、肝心の味のほうはと言うと、少し残念な味でした。

 

バランスが悪い。少し欲張りすぎでは。

 

と思います。

特に上部にはこれほどいろいろと乗せていますが、どら焼生地は不要な気がしますし、わらび餅も微妙です。

白玉があるのですから、わらび餅まで乗せる必要があるのか?

 

1つ1つが主張しあって、調和が取れていません。

 

もちろん不味いとまでは言いません。それなりには美味しいのですが、なんともアンバランスな感じです。

全体としてはホイップクリームで甘味を出していて、抹茶ベースのものは極力甘味を抑えていてそこは美味しく仕上がっていると思うのですが、この商品宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)全体で見るとバランスが悪いのです。

 

それと、これは個体差があるかもしれませんが、最下層の抹茶ゼリーの部分は2種類のゼリーからできていて、周りを包み込む柔らかいゼリーのほうが後半水っぽくなったジュレのような味と食感になって、それも気になった点です。

水分が出て味が薄くなるようなものは何も構成品の中にないはずなのに、なぜか水っぽい薄味の抹茶ジェルのようなものが最後に残り、それが残念でした。

宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)新商品の総評

セブンイレブンの新商品、宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)を各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):3点

抹茶パフェ自体にあまり珍しさはなく、あえて言えばトッピングにいろいろと乗せたところが新しいかという程度なので3点としました。

 

美味しさ:3点

上記の通り、まあ普通に美味しいという程度です。

せっかく何層にもしたのですから、もう少し全体のバランスを良くして欲しかったところですね。

 

コスパ:3点

コストパフォーマンスについてこれで税込み300円というのはあまり良くないと思います。

トッピングを欲張りすぎた結果として価格が高くなってしまったのでしょうが、それならばトッピングを厳選して価格を下げたほうがコスパも良くなるだけでなく、味のバランスも良くなったのではないかと思います。

ですので、コスパは3点です。

 

今回の宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)新商品は前回お伝えしたオランジュショコラムースと並んで販売されていましたが、セブンイレブンに詳しい人に聞いたところ、オランジュショコラムースは洋菓子で、宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)は和菓子に分類されるのだとか。(洋菓子じゃないんかい?!)

とすると制作チームが随分と違うのかもしれませんが、せっかくオランジュショコラムースであそこまでの仕上がりができるのに、宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)がこの感じでは残念です。

 

もちろん、あくまでも私の味覚の好みの問題での判断ではありますが。