セブンイレブンの今週の新商品というのか、

10月15日から販売予定の新商品スイーツ、

大福生どら 粒あん&バタークリームを食べてみた!

 

これは行きつけのセブンイレブンのスタッフさんから頂いたものです。

大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品

こんな貴重なものを頂けるなんて、とても嬉しいです。

というか、今週はジョブチューンの影響なのか、新商品がフィナンシェ以外は不作でしたから、

より一層嬉しいです。

大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品の試食用

ご覧の通り「試食用」のシールが貼られています。

これは本来、お店のオーナーさんが試食するためのもののようです。

大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品を食べてみた感想

早速、大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品をありがたく食べさせて頂きました。

ちなみに、大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品の構造は、以下の画像の通りです。

大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品の構造

大福生どら 粒あん&バタークリーム という名前ではありますが、

上の画像の通り、粒あんとバタークリームは下層部分に塗ってあるだけで、

その上に餅生地(求肥)の大福が入っていて、その中にバニラホイップが入り、

最上部にはホイップクリームがのせてあるわけです。

かなり、ボリューム感たっぷりの商品です。

 

実食!

 

・・・・・・あれ? なんかこの味に覚えがあるような。

 

というか、覚えがあるというよりも、

真っ先に思ったことなのですが、

 

まるで、冷たくない雪見だいふくの味です。

 

大福の存在感が大きく、その餅生地である求肥の風味と、中身のバニラホイップの風味が、

丁度、アイスクリームの雪見だいふくのようで、その印象が第一に感じられました。

 

ボリュームはあるものの、粒あんもホイップも甘さがおさえられていて、さらっと完食できてしまいます。

 

う~ん。それなりには美味しいものの、

頂いたものをとやかく言うのも悪いのですが、

少し中途半端な印象です。

 

大福とどら焼きという和菓子を洋風にアレンジしたことは評価しますが、

それが中途半端で、和でも洋でもない、良く言えば新しいスイーツになっていて、

悪く言えば、いまひとつ「コレ!」という美味しさがないです。

 

やはり、雪見だいふく感が払拭できません。

 

雪見大福をどら焼きの生地で挟んで粒あんとバターを塗って、後はホイップクリームを添えたら、

同じようなものができそうです。もちろん、大福が冷たいですけど。

大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品の総評

セブンイレブンのまもなく販売される新商品スイーツ、大福生どら 粒あん&バタークリームを各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):3.5点

斬新と言えば斬新かもしれません。

どら焼きの中に大福をぶち込んできたわけですから。見た目のインパクトもあります。

しかし、セブンイレブンの場合、過去にも似たような商品を出していますから。

なので、斬新さ(目新しさ)は、3.5点としました。

 

美味しさ:3.5点

それなりには美味しいです。

雪見だいふくのようとは言っても雪見だいふくも美味しいですからね。

しかし、それ以上に美味しさがあまり感じられなかったため3.5点としました。

粒あんとバタークリームのバランスを変えたら、もっとこの部分が引き立ったようにも思うのですが残念です。

ただ、愛知県民にとっては粒あんとバターの組み合わせは食べ慣れていますから、

他の県の方が食べたら感想が変わるかもしれません。

 

コスパ:3.5点

大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品はボリューム感たっぷりですが、

その分だけ価格もそこそこ高く、税込み257円なので、

コストパフォーマンスはまあまあという感じでしょうか。

なので、コスパも3.5点としました。

 

大福生どら 粒あん&バタークリーム 新商品は、

それなりにはというか、まあまあ美味しいんですけどね。

 

これよりも、今週の新商品の生食感フィナンシェのほうが個人的にはおすすめですね。

生食感フィナンシェ 新商品

これはとても美味しかったです。

シンプルですけど、おすすめです。

 

ところで、土曜日10月10日のジョブチューンで、

シュー・ア・ラ・クレームが絶賛されていましたね。

今週(正確に言えばカレンダー上は先週)になってパッケージが変わっていました。

 

実は私が行った時にはまだ古いシュー・ア・ラ・クレームも残っていたんですよ。

なので、新旧を食べ比べてみました。

シュー・ア・ラ・クレームの新旧

その感想はまた新ためて記事にします。