セブンイレブンの今週の新商品で、伊藤久右衛門監修シリーズのもう一つの新作、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅を食べてみた!

最近のスイーツの新作は宇治抹茶ばかりなので、そろそろ他にも食べたいところですが、この伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品は気になっていたので食べてみた!

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品

何が気になったかと言えば「抹茶蜜入り」という部分です。

抹茶蜜っていったい何?

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品を食べてみた感想

あらかじめお断りしておきますが、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品の実物の見た目はパッケージにある写真とは大きく違います。

わらび餅の表面にこんなにも抹茶パウダーがふりかけられているわけではなく、普通のわらび餅がほんのり緑色になっている程度の感じです。

中の容器には和風のフォーク(?)と言えばいいのか、正式名がわかりませんが、小さなフォークのようなものが入っていますから、それで食べることができます。

 

早速1つを(4つ入りです)食べてみると、

 

口の中に抹茶の風味が広がり、それでも尚、わらび餅の風味もしっかりと感じられてほんのり甘い。

 

結構バランスが良いではないですか。意外と美味しい。

気になっていた抹茶蜜も、その味はあまり感じられない。

 

でも、そのくらいがいいのかもしれません。

 

1つの要素が主張しすぎてもバランスが崩れますからね。

その意味では、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品はバランスが良いです。

ですが、残念ながらそれ以上の個性はないんです。

 

ちょっと変わったわらび餅という印象です。

 

なんと言えば良いのでしょうか。

抹茶のスイーツにしては抹茶をあまり味わえないような。

 

しかし、だからと言って抹茶をアピールすれば、わらび餅っぽくなくなるし、

ここは難しいところでしょうね。

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品のバランスは良く、結構美味しいスイーツです。

でも、なにかもうひとつ物足りない、そんなスイーツでした。

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品の総評

セブンイレブンの新商品、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅を各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):3点

抹茶と和スイーツのわらび餅という組み合わせには何も新しさはないかもしれませんが、抹茶蜜というものを合わせたことと、それをかけるのではなく中に入れたことに新しさを感じての3点です。

蜜を中に入れることで偏りもなく美味しく食べられますから。

 

美味しさ;4点

たしかに美味しいですし、バランスは良いのですが、何か足らない感じがして4点です。

 

コスパ:3.5点

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品のコストパフォーマンスはまあまあかなという感じです。

4つ入りで税込み181円と200円を切っていますから高いというわけでも、安いということもなく、3.5点というところでしょうか。

 

多少の物足りなさはあるものの、バランスも良くて美味しいですから、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶わらび餅 新商品をお近くのセブンイレブンで是非お試し下さい。