セブンイレブンの新商品、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェを食べてみた!

以前食べた和パフェが個人的にはあまり美味しくないものだったため、今回の和パフェも価格がそれなりに高いですし、少し躊躇しましたが、買って食べてみました。

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェ 新商品

宇治抹茶の風味豊かな和パフェとありますし、伊藤久右衛門監修なので、前回とは違うのでしょうか?

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェ 新商品を食べてみた感想

まず、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェ 新商品の中身は以下のような構成になっています。

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェ 新商品中身の構成

最初の写真ではわかりにくいので拡大しています。

抹茶ゼリーの上に抹茶ムース、その上に桜ホイップ、桜ホイップの上はトッピングとしてこしあん、抹茶ホイップ、桜ホイップと塩漬け桜の花(桜もちの上にあるものと同じです)、そして白玉が2個乗っています。

前回の和パフェはよく似た構成でしたが全体のバランスが悪かったんですよね。

宇治抹茶の和パフェ(抹茶ゼリー仕立て)新商品

前回の宇治抹茶の和パフェとは違ってどら焼きやわらび餅は無いですが、代わりにこしあんの塊と桜ホイップ、塩漬け桜の花が加わっているだけに思えたわけです。

 

しかし、実際に今回の伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェ 新商品を食べてみると随分と違う印象でした。

 

なんだろう? この不思議な美味しさは?!

 

なんとも不思議な美味しさがあるんですよ。

かなり甘さ控えめな抹茶ホイップで、甘味の要素がほとんどない(こしあんを除けば)はずが、不思議なスッキリした甘さがあるんです。

 

その理由は、少ししょっぱい桜ホイップが決め手でした。

 

桜の花ほどに塩気はないですが、桜ホイップがほんのりと塩からくて、それが全体にスッキリした甘味を感じさせてくれて不思議な美味しさになっています。

全体としてのバランスも白玉やこしあんは若干主張するものの、トッピングとして考えれば許容範囲で味の変化となっているくらいです。

 

これは美味しい!

 

前回の宇治抹茶の和パフェとは違って随分と美味しいと思ったわけですが、残念だったことは最下層の抹茶ゼリーが前回の宇治抹茶の和パフェと同じだったことです。

 

私の記憶での判断なので間違いかもしれませんが、前回の宇治抹茶の和パフェと今回の伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェでは、最下層の抹茶ゼリーに違いがありません。

 

なので、そこは前回同様に残念な感を持ってしまいました。

せっかく伊藤久右衛門監修なのですから、抹茶に関わる抹茶ゼリーも一新して欲しかったところではあります。

伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェ 新商品の総評

セブンイレブンの新商品、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェを各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):3.5点

商品としては和風のパフェということであまり斬新さはないのですが、桜ホイップが斬新に思えて3.5点としました。

 

美味しさ:4.5点

今回の和パフェ、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェ 新商品はかなり美味しいです。

5点でおすすめにしても良いくらいに美味しいと思ったのですが、それはあくまでも最下層の抹茶ゼリーを除けばという条件付きなので、美味しさは4.5点としました。

しかし、全体としてのバランスは良いですから、5点寄りの4.5点です。

 

コスパ:3.5点

今回の和パフェ、伊藤久右衛門監修 宇治抹茶と桜の和パフェ 新商品は前回の宇治抹茶の和パフェよりもさらに高い税込み332円ですが、美味しさを考えると3.5点でも良いと思って宇治抹茶の和パフェよりも0.5点高い点数としました。

 

個人的には抹茶ゼリーに若干の不満が残るものの、桜ホイップと抹茶ホイップのハーモニーは是非味わって欲しいと思う商品です。

お近くのセブンイレブンで見かけたら、是非お試し下さい。