セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタの味を食べてみた!

ずんだって何? パンナコッタって何? ということや、味はどうなのか、カロリーはどうか、販売時期はいつなのか、コスパは良いのかどうかなどお伝えしていきます。

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタとは、これのことです。

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタ

見た目は抹茶ムースのような感じですね。

そしてパッケージには東京オリンピックのキャラクターデザインがあしらってあります。

パンナコッタの上にある白色のものはホイップクリームです。

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタのカロリーは、163kcalと意外と少なめで、値段は、税込み246.24円です。

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタの側面

一番下が、ずんだのパンナコッタで、その上の若干色の薄い部分がずんだのムース、その上に少量のホイップクリームが乗っているという構成です。

 

そもそも、ずんだとは何か?

ずんだとは、枝豆やそら豆をすりつぶしてペースト状にしたもののことです。

そして、パンナコッタとは、イタリアの洋菓子のことで、パンナが生クリーム、コッタが煮詰めるという意味だとか。まあ、基本的には生クリームを煮詰めてゼラチンを入れたものなので、プリンのようなムースのようなものですね。

ずんだdeパンナコッタを食べてみた感想

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタは見た目は地味ですが、過去のずんだのスイーツは結構美味しかったんですよね。

なので、期待して食べてみました。

 

凄く美味しい。以前のずんだのスイーツよりもずんだの風味が控えめで、それがまた絶妙で美味しい。

 

プリンのようななめらかな食感のパンナコッタに少しフンワリ感のあるムースがとてもよく合い、ホイップクリームとの相性もいいです。

後味で少し豆の香りがしますが、その風味もほのかな風味で後味も良くてとても美味しいです。

 

これはおすすめです。

 

たぶん、枝豆やそら豆が苦手な人でも食べられるのではないかと思うくらいに美味しいです。

ずんだを使っているので和菓子のテイストもありつつの洋菓子ですね。

ただ、これは先週の新商品なので、販売時期は今週くらいまでというお店が多いと思います。

 

新商品の2週目は各店舗のオーナーの判断になるようですから、セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタがある店と無い店があると思われます。

一応、販売当初は全国での販売でしたが。

ずんだdeパンナコッタの総評

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタをかくこうもく5てんまんてんでかってにひょうかしてみました。

 

斬新さ(目新しさ):5点

パンナコッタはいろんな種類があるので、ずんだを使っても良いでしょうけど、あえてずんだを使ってこのバランスの良い洋菓子として出してきたところは斬新だと思います。

なので、斬新さ(目新しさ)は5点としました。

 

美味しさ:5点

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタの美味しさも文句なしの5点です。

先ほど、枝豆が苦手な人でも食べられるかもしれないとは言いましたが、私自身が苦手ではないので、その点はハッキリせず、枝豆が苦手な人は5点の評価には異論があるかもしれません。

でも、結構食べた後の満足感もあって、163kcalとカロリーも少なく、何より全体のバランスの良さは素晴らしいと思います。

 

コスパ:4点

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタは、コストパフォーマンスも結構良いと思います。

カップのスイーツとしては250円弱ならまあまあ安いほうですし、この味を考えるとコスパも良いと判断して、コスパは4点としました。

 

セブンイレブンの新商品スイーツ、ずんだdeパンナコッタはとてもおすすめです。

お近くのセブンイレブンで見かけたら、是非ともお試し下さい。

美味しいですよ。