セブンイレブンの新商品(?)スイーツ、シュー・ア・ラ・クレーム 新旧食べ比べしてみた!

シュー・ア・ラ・クレームは先週からパッケージが変わりました。

そして、そのシュー・ア・ラ・クレームはジョブチューンで、

一流パティシエ達から絶賛されていましたが、先週のものは単にパッケージが変わっただけのようにも見えます。

シュー・ア・ラ・クレームの新旧食べ比べ

右側の背後が緑色のものが旧パッケージです。

私が行ったときはまだこの以前のパッケージのシュー・ア・ラ・クレームも残っていましたので、

新旧両方のシュー・ア・ラ・クレームを購入して食べ比べてみることにしました。

シュー・ア・ラ・クレームを新旧食べ比べてみた感想

ちなみに、以前にシュー・ア・ラ・クレームについてレビューをした記事は以下のものです。

シュー・ア・ラ・クレーム 新商品

以前食べた限りでは、記事に記載の通り、

その前のカスタードクリームのシュークリームとの違いがよくわかりませんでした。

 

しかし、今回は同時に食べ比べてみたので、違いがあればわかるはず。

それでは、実食!

 

シュー皮についてはわかりません。ですが、カスタードクリームはなめらかというかマイルドになっています。

 

より上質な甘みというか、マイルドな感じの味わいに変わっています。

旧パッケージのシュー・ア・ラ・クレームも十分に美味しいのですが、

新しいパッケージのシュー・ア・ラ・クレームのほうがクリームが一段と美味しくなっていました。

 

しかし、この味の違いはもしかしたら単なる個体差なのかもしれません。

 

セブンイレブンの商品ではスイーツに限らず、よくあることなのですが、

購入した時によって若干の出来の良し悪しがあります。

今回のシュー・ア・ラ・クレームにしても、ジョブチューンで絶賛され、

店頭からすぐに消えたため、

 

普段のダブルシュークリームを一旦製造中止にしてシュー・ア・ラ・クレームを増産したようです。

 

その結果、ジョブチューンの直後に大量に並んだシュー・ア・ラ・クレームは、

その表面がかなり焦げていて、かなり黒っぽく、それをパウダーシュガーで胡麻化していました。

ですので、もしかしたら食べ比べた時の味の違いは誤差の範囲だったのかもしれませんが、

私が食べた新旧のシュー・ア・ラ・クレームでは確かに違いは感じました。

 

しかし、シュー皮については判断ができません。

 

なぜなら、旧パッケージのシュー・ア・ラ・クレームは、

当然新しいパッケージのシュー・ア・ラ・クレームより以前に作られたものですから、

その分だけ、出来上がりから長時間が経過しています。

シュー・ア・ラ・クレームのシュー皮は、時間の経過とともにサクサク感はどんどん減ります。

ですので、そこは条件が違う両者ですから、比べようもありません。

そして、私が感じたカスタードクリームの味の違いも、

もしかしたら時間の経過によるものなのかもしれません。

 

まあ、いずれにしても美味しいことに変わりはないですが。

そろそろジョブチューンの影響も少なくなってきたはずですから、

今からのシュー・ア・ラ・クレームが食べごろだと思われます。

 

お近くのセブンイレブンでシュー・ア・ラ・クレームを見かけたら、是非お試し下さい。

おすすめです。