セブンイレブンの本日発売の新商品ラーメン、牛骨醤油ラーメンを食べてみた!

牛骨ラーメンは全国的にも数が少なくて珍しいです。

実は私はまだラーメン店で牛骨ラーメンを食べたことがありません。

牛骨醤油ラーメン 新商品

しかし、まさか土用の丑の日で牛と丑つながりで発売するとは思いませんでした。

愛知県には私はまだ食べていないものの、牛骨白湯ラーメンや牛骨塩ラーメンがあるのですが、

それらとは違い、醤油ラーメンなのですね。

 

そもそも、牛骨ラーメンが全国的にも数が少ないのは、

「牛骨スープは癖が強すぎて、スープとして御することが難しい」

ということらしいです。

さて、そんな牛骨をセブンイレブンはどのように商品化したのでしょうか。

牛骨醤油ラーメン 新商品を食べてみた感想

食べる前は、牛のテールスープのような風味を勝手に想像していたのですが、

食べようとレンジで温めると、どこか覚えのあるような香りが立ち込めてきました。

 

・・・・・・? この匂いは、もしかして、すき焼き?

 

ほんのりとすき焼きのような香りがして、少し残念な気分です。

ですが、匂いと味は一致するとは限りませんから食べてみました。

 

うん。やはり、すき焼きの味です。超薄味のすき焼きの締めラーメンという感じ。

 

すき焼きをやる際に、割下ではなく薄口醤油ですき焼きをやると同じような味のスープになりそうです。

そう思うほどにすき焼き風味のラーメンです。

 

ただし、麺はいつもの中途半端な麺で、たぶん最近の塩ラーメンなどと同じでしょう。

 

なんとも、不思議な感覚です。

スープを飲んでも、すき焼きの汁を飲むような感覚で違和感を覚えます。

 

トッピングのチャーシューもどうかと思います。

 

毎度おなじみのあまり美味しくないチャーシューが乗っていますが、

すき焼き風味になって一層美味しくありません。

これならばいっそナルトにするか、せめて薄切りの牛肉にして欲しいです。

 

ただし、背脂のように浮いている揚げ玉ねぎは若干スープの風味を変化させてくれて美味しいですが、

 

少量の揚げ玉ねぎだけでは、限界があります。

セブンイレブンは妙に玉ねぎの使い方が上手いと思うのですが、

今回も上手く使ってきたものの、及ばずという感じです。

 

特に最後にスープだけになったとき、他のラーメンであればスープを飲み干すのですが、

今回の牛骨醤油ラーメン 新商品に限っては飲むのが苦痛に感じるくらいに安っぽいすき焼き味でした。

 

もしくは、安っぽいので牛丼風味と言ってもいいのかもしれません。

牛丼とかすき焼きとか言うくらいですから、

確かに牛ということはわかりますが、なんとも残念なラーメンでした。

 

たぶん、お店で食べる牛骨ラーメンのスープの味は別物なのではないかと思われます。

あくまでもまだ食べたことのない私の想像に過ぎませんが。

牛骨醤油ラーメン 新商品の総評

セブンイレブンの新商品、牛骨醤油ラーメンを各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):4点

牛骨ラーメンにはあまりお目にかかれないという意味で4点としましたが、

安易に牛風味にしただけの「骨」の要素がない、お店の牛骨とは別物だとしたら、

この評価は妥当なのかどうかわかりません。

 

美味しさ:1.5点

牛骨醤油ラーメン 新商品に関しては、なんとか食べられるというレベルです。

個人的には一風堂監修のラーメンよりはインスタントっぽくないだけマシかなと思いますが、

別な意味で美味しくありませんので、美味しさは1.5点としました。

一風堂監修 博多とんこつラーメン 新商品

 

コスパ:1.5点

牛骨醤油ラーメン 新商品は税込み496円です。

最近の新商品ラーメンや丼物はこの価格で出してきますね。

ですが、この価格でこの味はないと思いますので、コストパフォーマンスは悪いと思います。

一風堂監修の博多ラーメンと同じ1.5点としました。

 

物珍しさはありますが、

今後の二度目の購入は、牛骨醤油ラーメンに関しては無いですね。

 

話は変わりますが、これほどいろいろとラーメンの新商品が出てくるとは思いませんでした。

ラーメンのカテゴリも作っておけば良かったかもしれません。