セブンイレブンの来週の新商品、お出汁がしみ込む 海老天とじ丼を食べてみた!

このお出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品は、来週5月19日から中京地域(愛知県、岐阜県、三重県)限定で新発売される新商品です。

お出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品

そうなんですよ。このお出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品はまだ発売されていません。

どうしてこの商品を食べることができたのか?

最初の写真を見ると、通常はレジでスキャンするためのバーコードがあるはずの所に、

バーコードが記載されたシールが無いですよね。

 

実は、この商品お出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品はセブンイレブンの試食品で、

セブンイレブンのスタッフさんに頂いて食べさせて頂きました。

ありがとうございます!

お出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品を食べてみた感想

お出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品は贅沢に海老の天ぷらが3本も乗った天とじ丼です。

ちなみに、このお出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品も、

牛丼やカツ丼、親子丼などと同じで、

レンジで温める商品ですが、上の具と汁(出汁など)は上皿に入っていて、

レンジで温めた後に下にあるご飯に乗せて食べるというスタイルです。

 

そのおかげで、御飯がぐちゃぐちゃになっていないですし、

お店で食べる丼物のように炊き立て御飯に上の具材を乗せたような感じで食べられます。

それでは実食!

 

うん、美味しいことは美味しい。けど、・・・・・・

 

せっかくのご好意でスタッフさんから頂いたものなので、

良い感想を言いたいところですし、

スタッフさんの話では、セブンイレブンとしても、

この商品にはかなり力を入れているとのことですが、

 

残念ながら、肝心な出汁と海老に問題ありです。

 

お出汁がしみ込む 海老天とじ丼という商品名でありながら、

汁(タレ)に出汁感があまりないんですよ。

ふつうに天丼のタレとなんら変わらない感じです。

 

そして、海老が個人的にはすごく残念です。

 

お出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品は贅沢に海老天が3尾も入っていますが、

その海老に少し不満が残ります。

 

たぶん、海老を何らかの薬につけてプリプリ感を出しているのではないでしょうか?

 

最近よくある冷凍ぷりぷり海老ではありません。

海老天の尻尾を食べてみると結構美味しいので、海老自体は良い素材を使っています。

ですが、海老の部分は不自然にプリプリで味もいまひとつなんですよ。

 

たしかにあえてプリプリにしないと海老天の海老がパサついてしまいかねませんが、

個人的には海老天丼なのでタレもかけるわけですから、

多少パサつきぎみになったとしても、不自然なぷりぷり感はマイナスだと思います。

 

不自然にぷりぷりにすることで、食感が不自然になるだけでなく、味も落ちますからね。

 

味が落ちるというか、海老の風味が少ないんですよ。

なので、余分な手間とコストをかけてプリプリにしなくても、

普通に海老天を作って今回のお出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品を作ってくれれば、

もっと美味しくなったと思われます。

お出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品の総評

セブンイレブンの来週の新商品、お出汁がしみ込む 海老天とじ丼を各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):2点

丼物としてはありがちな商品なので、それほど目新しさは感じません。

あえて言えば、天丼ではなくたまごを使って天とじ丼にしたところは珍しいかなと思って2点としました。

 

美味しさ:3点

頂きものなので、悪く言いたくないですが、普通に美味しいという程度ですね。

天とじのたまごもいまひとつ。

ただ、たまごは温める時間で変わるかもしれませんので、今回は評価対象から外しました。

それでも、タレの味と海老の味を考えると3点ですね。

 

コスパ:3.5点

お出汁がしみ込む 海老天とじ丼 新商品は上のセブンイレブンのホームページによれば、

税込み496円です。

海老天が3尾も入っていてこの値段はコストパフォーマンスも良いと思います。

ですが、味に問題があるため、味も考慮して評価すると3.5点となってしまいます。

 

とにかく、海老は足が速い(鮮度と味が落ちるのが早い)ので、

料理に使うのは難しいんですよね。

なので、その海老を使ってこの味ならば悪くはないかもしれませんが、

個人的に海鮮には評価が厳しくなりがちです。

 

なので、5月19日以降にお近くのセブンイレブンで見かけたら是非お試し下さい。

何度も言いますが、しっぽを食べた限りでは、

結構良い美味しい海老を使っていることは確かですから。