セブンイレブンの新商品おにぎり、チーズ&スパイシーサルサ タコライスを食べてみた!

インターネット上の評判や評価を見ると、大手コンビニ3社の中では、おにぎりに関してセブンイレブンは一歩負けているような感じではありますが(ちなみにファミリーマートだけ「おむすび」という呼び方をしているようですね)、今回のおにぎりの新商品チーズ&スパイシーサルサ タコライスはどうなのでしょうか。

チーズ&スパイシーサルサ タコライス(おにぎり)新商品

タコライスはそもそも沖縄の料理ですが、私は美味しいタコライスにまだ巡り合えていません。

ですので、タコライスと比べての感想は書けません。

チーズ&スパイシーサルサ タコライス(おにぎり)新商品を食べた感想

食べた感じはチーズをのせたドライカレーという感じと言えばわかりやすいかと思います。

裏面の表記は以下の画像の通りです。

チーズ&スパイシーサルサ タコライス(おにぎり)裏面

トマトペースト入り御飯とは記載されていますが、スパイスが効いているためトマト感があまり感じられず、どちらかと言えばカレー風味に感じてしまいます。

 

また、チーズ&スパイシーサルサとなっていますがチーズ感もあまり感じません。

表のラベルにあるようにチェダーチーズなのかもしれませんが、スパイシーサルサに負けているように思います。

もちろんチーズが主張しすぎても良くありませんが、負けているようでも役不足ではないでしょうか。

 

しかし、スパイシーサルサ(サルサとはソースという意味だそうですね)の出来は良いと思います。

 

原材料名として表記されてはいませんが使われているスパイスは主にコリアンダーとクミンです。

コリアンダーとクミンはカレーに定番で使われるスパイスですから今回のチーズ&スパイシーサルサ タコライスがドライカレーのように感じるわけですが、ドライカレーとは違い他のスパイスはほとんど使っていないようなので、コリアンダーとクミンでスパイシーさを出そうと思うと結構難しいものです。

特にコリアンダーは若干クセがありますから、使う分量を間違うと好き嫌いの出る味となってしまいます。(私はコリアンダーは好きですが)

そこを上手く誰にでも抵抗なく食べられてスパイシーに仕上げてあることはコンビニらしくて上手いと思います。

 

ちなみにコリアンダーとは、パクチーのことなのですが、生のパクチーはコリアンダーとは呼ばないため、スパイスとしてのコリアンダーはパクチーとは別物の風味です。そしてコリアンダーになると若干の辛みも伴いますが、チーズ&スパイシーサルサ タコライスは辛いという感覚はないです。

チーズ&スパイシーサルサ タコライス(おにぎり)新商品の総評

セブンイレブンの新商品チーズ&スパイシーサルサ タコライス(おにぎり)を各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):3点

この評価は難しいところです。

タコライスをおにぎりにした商品はセブンイレブンでは昨年の夏以来二度目ですし、斬新と言えば斬新かもしれませんが、もともとタコライスが御飯なのでチャーハンをおにぎりにするのと同じと考えると斬新さはないとも言えます。

従って、評価としては無難な選択ということで3点としました。

 

美味しさ:3.5点

これは限りなく3点に近い3.5点かな? という感じです。

先に述べた通り、コリアンダーとクミンの配合は上手いですが、その分だけ万人受けとなって個性を欠いたように思います。

個人的にはコリアンダーをもう少し多めに使ってくれたらもっと美味しかったのではないかと思います。もちろんそうだったとしたら苦手という人も若干増えるとは思いますが。

 

コスパ:3点

価格的には、まあ、こんなものかな。 ということで3点です。

 

また、チーズ&スパイシーサルサ タコライスは最初の写真の通り温めて食べることをすすめています。

なので、たぶん温めて食べたほうがより多くの人にとっては美味しいとは思いますが、個人的には冷めたままのほうが好きです。冷めたままのほうが味が自然なように感じるのですが、どうでしょうね。