セブンイレブンのおにぎりの新商品、ねぎチャーシューを食べてみた!

このおにぎりは、ねぎチャーシューと言っても下の写真の通りネギはあまり入っていません。

ねぎチャーシュー 新商品

ねぎがおにぎりの部分の御飯に混ぜてあるわけではないので、真ん中の「ねぎチャーシュー」と書かれたラベル下部分にあるチャーシューと混ざっているだけです。

まあ、問題はねぎの量よりも、ねぎとチャーシュー、そしておにぎりの御飯とのバランスというかハーモニーが良いかどうかでしょうね。

ねぎチャーシュー 新商品を食べてみた感想

ねぎチャーシュー 新商品おにぎりを食べた感想は、

 

まあまあ美味しい

 

そんな感じで、特別美味しいわけではありませんでした。

今回私は温めて食べてみましたが(「温めてさらにおいしい」との記述がありますね)、温めなかったからと言っても感想が変わることはないでしょう。むしろ、常温では美味しさはさらに少なくなりそうです。

 

私が感じるこのおにぎり、ねぎチャーシュー 新商品の不満な部分は、まずねぎの風味があまり感じられないことです。

ねぎチャーシューという名前でありながら、量が少ないだけでなくねぎの風味が足らない。

もちろん、ねぎが主張をしすぎてもバランスは悪いですが、もう少しネギの風味があっても良いと思いました。

 

次にセブンイレブンの商品では良くあることですが、チャーシューにジューシーさが足らないです。

チャーシューをあまりジューシーにするとおにぎりの場合は崩れやすくなるという欠点もあるでしょうが、今回のねぎチャーシューの場合は煮凝りのようなタレで具材を覆っているので、具材自体はジューシーで、その分だけおにぎりが崩れやすくなっています。

 

しかし、チャーシューそれ自体はパサつきがある赤身です。

 

タレでジューシーさを出すのではなく、脂身を適度に混ぜるとか、赤身でもジューシーにするなどしてチャーシューのジューシーさを出して欲しかったです。

 

そして最後に御飯と具材のバランスがもう少し改善の余地があるように感じました。

 

これに関してはだからどうしたほうが良いと言えるものではなく、現状でも悪くはないのですが、なんとなく感覚的にアンバランス感と言いますか、若干の一体感のなさを感じて、御飯の種類を変えるなり、味付けを少し変えるなりしたら、もっと良くなったのではないかと思ったわけです。

なので、最後の部分は私の感覚がおかしいだけかもしれませんし、難しいところです。

ねぎチャーシュー 新商品の総評

セブンイレブンの新商品おにぎり、ねぎチャーシューを各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):3.5点

今回のおにぎりは斬新さ(目新しさ)については判断が難しいです。

ねぎチャーシューをおにぎりにするというのは新しいかもしれませんが、チャーハンと考えればおにぎりにもできるわけで、結局斬新さ(目新しさ)は3.5点としました。

 

美味しさ:3点

ふつうに美味しい。不味くはないという意味で3点としました。

 

コスパ:4点

この商品ねぎチャーシュー 新商品のコストパフォーマンスは良いと思います。

パサつきがあるとは言え、チャーハンを使ったおにぎりが税込み129円は安いと思います。

なので、コスパだけならば4.5点とか5点でも良いのかもしれませんが、味が個人的にもう一歩だったので4点としました。

 

ねぎチャーシュー 新商品については毎回買おうとは思いませんが、コスパは良いため、迷ったらまた買っても良いかなという感じでしょうか。