セブンイレブンの新商品、そのまんま!焼つくね(おにぎり)を先週のことですが食べてみた!

平たいハムのような、というかハンペンのようなつくねですね。

そのまんま!焼つくね 新商品

パッケージに「軟骨入り」と記載があります。

また、「一味唐辛子マヨネーズ入り」との記載もあります。

たしかに、つくねと一味唐辛子マヨネーズは相性が良さそうですね。

そのまんま!焼つくね 新商品を食べてみた感想

軟骨や一味唐辛子マヨネーズなどいろいろと工夫をしてきたようなので期待しながら食べてみた。

 

・・・・・・う~ん。

 

言葉を失った。これはどう表現すれば良いのだろうか。

少なくともあまり美味しいとは言い難いおにぎりです。

 

焼つくねと御飯をにぎったもの。

 

と言っても良いほどにアンバランスというか、一体感がないんですよ。

肝心な一味唐辛子マヨネーズも中央部分に少し入っているだけであまり味に良い影響を与えていませんし、軟骨に至っては小さな軟骨がつくねの中に結構ちりばめられていて、どちらかというと食感が良くなるどころかあちこち固い、しかも小粒で固い物が入った感じで邪魔になるという印象です。

 

そうなんです。 軟骨が食べる時に邪魔になるんです。

 

一味唐辛子マヨネーズのように無意味に近いものではなく、むしろ邪魔になっているのが軟骨です。

ただでさえ全体としてのバランスが悪いのに軟骨は結構に致命的かと。

 

さらには、つくねが簡単にズレないためだと思うのですが、巻いてある海苔が結構な厚さ(?)というか噛み切りにくい海苔で、これまた違和感を覚えます。

 

時々、海苔が喉に貼り付くから苦手という方がいらっしゃいますが、苦手な方でなくても喉に貼りつきそうな海苔ですね。

そんなわけで、焼つくねそれ自体は普通につくねの味で悪くはないのですが、そのまんま!焼つくね 新商品というおにぎりとして見るとダメ出しばかりの商品になってしまいました。

そのまんま!焼つくね 新商品の総評

セブンイレブンの新商品、そのまんま!焼つくねを各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):3点

おにぎりにつくねをこんな風に合わせてきたことは斬新だと思いましたので3点としました。

軟骨を入れて食感を変えようとした試みも評価はできますが、貢献していないと思います。

 

美味しさ:1.5点

残念ながら美味しさについては限りなく1点寄りの1.5点ですね。

これならば、おにぎりとして食べるよりも「つくねと御飯」を食べたほうが良いと思えるほどでしたから。

そして軟骨の違和感もマイナスの要因です。

 

コスパ:1.5点

そのまんま!焼つくね 新商品のコストパフォーマンスも良くないですね。

これで価格が税込み140円ですから、原材料費を考えればコスパは悪くないのかもしれませんが、食べての満足感もなければ美味しくもないとなってはコスパは1.5点がいいところではないでしょうか。

 

そんなわけで、かなり辛口評価となってしまった「そのまんま!焼つくね」(おにぎり)でした。