セブンイレブンの新商品おにぎり、もち麦もっちり!ルーロー飯を食べてみた!

ところで、ルーロー飯(はん)って何?

パッケージには「台湾風豚角煮飯」と書かれていますが。

もち麦もっちり!ルーロー飯 新商品

残念ながら、私は今までルーロー飯なるものを食べたことがありません。

もっともあったとしても、問題は今回のもち麦もっちり!ルーロー飯 新商品が美味しいかどうかではありますが。

ルーロー飯について調べてみました。

ルーロー飯は台湾の代表的なかけご飯。

本来バラ肉など脂身を多く含んだ豚肉を台湾醤油、米酒(米で作られた酒)、砂糖、油葱酥(揚げた赤ねぎ)、干しエビ、八角などを材料として甘辛く煮込み、煮汁ごと白米の上に掛けた一膳飯である。

日本の牛丼や親子丼のように主食で食べる丼物では無く、複数の惣菜と共に食べることが前提となっており、丼より小ぶりな茶碗で供される。台湾では庶民から親しまれてほとんどの定食屋、食堂で提供されている料理である。

混ぜご飯ではなく、かけご飯なのですね。

ルーロー飯は台湾のソウルフードと記載しているサイトもありましたから、

たぶん一律にこの味というものでもない感じです。

もち麦もっちり!ルーロー飯 新商品を食べてみた感想

もち麦もっちり!ルーロー飯 新商品のパッケージには、

小さな文字で「温めてさらにおいしい」という記述がありますが、気づかずにそのまま食べました。

 

何だこれは?! 凄く美味しいけど、クセがある。

 

豚角煮という言葉から想像していたものと随分と違う味でした。

そして、かなりクセがあるというか個性的な味で好みがわかれそうです。

私は個人的にはこのようなエスニック感のある味は大好きです。

 

八角なのか五香粉(ウーシャンフェン)なのか、判別がつかないですが、スパイスの香りと味も良いです。

 

私は八角もウーシャンフェン(五香粉)もどちらもあまりなじみがないので、

どちらの香りなのか、あるいはいずれでもないのかわかりませんが、

(ジョブチューンでの放映によると八角の風味ということでした)

スパイスの風味と味が独特で、嫌う人は嫌いな味でしょうが、好きな人にとっては非常に美味しい味です。

 

具材になっている高菜の醤油漬け炒めとの相性もとても良いと思います。

 

全体的にバランスが良くとても美味しいですが、

豚角煮の存在は少しわかりにくいほどに少量しか入っていませんし、

何しろ個性が強いので万人ウケする味ではないと思います。

 

私は非常に美味しいと思いますが、

よくこの味で商品化してくれたとセブンイレブンの冒険精神に感謝です。

たぶん、このもち麦もっちり!ルーロー飯 新商品は嫌いという人も多いでしょうから。

もち麦もっちり!ルーロー飯 新商品の総評

セブンイレブンの新商品おにぎり、もち麦もっちり!ルーロー飯を各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):5点

ルーロー飯は台湾の定番ご飯のようですから、それをおにぎりにするのは、

ある意味、炒飯のおにぎりと同じとも言えますが、

今回のもち麦もっちり!ルーロー飯 新商品は、もともとがご飯と言っても、

牛丼や親子丼のような「かけご飯」をおにぎりにしたことと、

それをあえて「もち麦もっちり!シリーズ」で出してきたこと、

さらには、嫌う人がいるのも分かった上でだと思いますが、ここまで個性的な味で出したこと、

これらを評価して斬新さ(目新しさ)は5点としました。

 

美味しさ:5点

美味しさも私の個人的な感想としては文句なしに5点としました。

ですが、豚角煮の量は少ないですし、個性的な味なので、嫌いな人にとっては1点かもしれません。

ちなみに、もち麦もっちり!ルーロー飯 新商品も今夜のジョブチューンで紹介されるそうです。

私の予想では、この商品ならば合格になると思っています。

好みの分かれる味なので判定が難しそうですが、私は合格と予想をします。

この商品、もち麦もっちり!ルーロー飯 新商品は、おすすめです。

 

コスパ:4.5点

もち麦もっちり!ルーロー飯 新商品はコストパフォーマンスも良いと思います。

おにぎりとしては若干高めの税込み140円という価格ですが、

紅鮭や明太子が税抜き140円であることを考えれば、この味をこの価格で味わえるならば安いと思います。

ですが、あくまでも個性が強いため、嫌いな人には高すぎるおにぎりになるため、

コスパは4.5点としました。

 

嫌いだったとしても140円の損です。

セブンイレブンのアプリをスマホに入れている人は今なら無料クーポンがありますね。

お近くのセブンイレブンで見かけたら是非お試し下さい。

おまけ:今夜のジョブチューンでの合否を予想!

今夜2020年7月11日の夜に放映されるジョブチューンで、

セブンイレブンの中華料理が中華料理の達人シェフたちに判定されます。

そこでどの商品が紹介されるのか、およそ知っているのですが、結果までは知りません。

 

ですので、あくまでも個人的な見地から合否を予想してみます。

 

大盛りご飯 5種唐辛子 四川風麻婆丼

大盛りご飯 5種唐辛子 四川風麻婆丼は文句なしの合格だと思います。

結構本格的でありながら、ルーロー飯ほどにクセもありません。

大盛りご飯 5種唐辛子 四川風麻婆丼 新商品 7月11日放映のジョブチューンで紹介?!

花椒は若干のクセがありますが、添付で好みでふりかけるようになっていますし、

花椒(ホアジャオ)自体のクセも抑えめです。

胡麻油香る蒸し鶏とザーサイ

胡麻油香る蒸し鶏とザーサイはこのブログでレビューをしていませんが、

この胡麻油香る蒸し鶏とザーサイは不合格だと予想します。

胡麻油香る蒸し鶏とザーサイ

結構美味しいですよ。

胡麻の風味も良くてピリ辛で、ご飯にもよく合うお惣菜です。

ですが、胡麻油香る蒸し鶏とザーサイという名前でありながら、

ザーサイの食感はあってもザーサイの味わいが足らないと思います。

ザーサイの味をもう少し利かせたほうが全体的にバランスも旨みも増すと思いますので、

この胡麻油香る蒸し鶏とザーサイは不合格との予想です。

春巻(セブンイレブンの各店で揚げている春巻です)

春巻もこのブログではレビューをしていません。

セブンイレブンの春巻

この商品は判断が難しいのですが、たぶん合格なのではないかと予想します。

この春巻ですが、揚げたてのものはかなり美味しいんですよ。

パリパリの春巻皮に包まれた中の具材も筍の食感ともっちりとした豚肉や春雨の食感とバランスが良く、

味付けも美味しいおすすめの商品の1つです。

しかし、残念なのは、揚げてからあの「ウオーマー」というのか、

保温器でしばらくの間、保温された状態のものを食べると別物です。

あまり美味しくありません。

ですが、今回のジョブチューンでは揚げたてを食べての判定でしょうから、合格ではないかと。

まるで魔法のくちどけ 杏仁豆腐

まるで魔法のくちどけ 杏仁豆腐も紹介されます。

魔法のくちどけかどうかは別にしてもシンプルにして美味しいデザートです。

まるで魔法のくちどけ 杏仁豆腐 新商品

こちらはおすすめにはしませんでしたが、ジョブチューンでの合否を考えると合格すると思います。

 

その他、冷やし中華(これは中華料理なのか?)や、冷凍食品の直火炒め極上炒飯、特製点心小籠包も紹介されますが、残念ながら、これらは私は食べたことがありません。

 

合格するにしても、不合格になるにしても、明日は店頭から上記の商品があっという間に消えるでしょうね。