昨日の記事の最後で紹介したセブンイレブンの新商品、しらすと桜えびのおかゆを早速食べてみた!

前回食べたおかゆがとても美味しかったので、今回も期待して買ってみました。

しらすと桜えびのおかゆ 新商品

こういう味のついたおかゆはあまり無いんですよね。(私が知らないだけ?)

私は過去に日本で食べたのはセブンイレブンの商品だけで、前回のおかゆの記事でお伝えしたように海外ではシンガポールのコンジー(おかゆ)と韓国の粥が好きです。

鶏だし仕立てのサムゲタン風おかゆ 新商品

しらすと桜えびのおかゆ 新商品を食べてみた感想

今回は上の写真のように海苔が別途付いていますので、食べる前にふりかけて食べるようになっています。

まあ、値段が値段で安いですから、しらすや桜えびの味はあまり期待できないと思いますが、お粥が美味しければ良いなと思いながら食べ始めました。

まずは、海苔をかけずにそのまま食べてみた!

 

うん。やはり美味しい。・・・・・・けど、出汁(カツオ出汁?)が少しだけ主張しすぎでは?

 

最初はそう感じました。

しかし、海苔をかけてみたら味が変わったのです。

ちなみに、海苔は有明海産のきざみのりです。

 

海苔の風味と出汁の味が上手くマッチしてバランスが絶妙!

 

一層美味しくなったではないですか!?

 

お粥には出汁以外に大葉も入っているのですが、ほとんど大葉がわからないくらいに少ししか入っていません。

ですが、そこがまた良いところで、大葉が主張しすぎず時折大葉の風味も感じられてこれがまた美味しい。

ごまの味と香りも味に変化を与えてくれています。

では、メインのしらすと桜えびは?

 

しらすと桜えびはこんなもので仕方ないかな?

 

という程度ですが、決して不味くはありません。

むしろこの値段でよくこの味に出来たものだと感心するくらいです。

 

しらすと桜えびは蒸したものが入っていますが、しらすはふりかけに使うような少し固いしらすで、桜えびは確かに桜えびの風味はあるものの、若干殻が固く、味も駿河湾で食べる桜えびには遠く及びません。

 

ですが、コンビニでこの価格で食べられるんですから十分ではないでしょうか。

それでも、おかゆは十分に美味しいですからね。

 

ただ、桜えびはほんの少ししか入っていません。

上の写真に写っている桜えびでほぼ全てと言っても良いくらいの量です。

まあ、それも仕方ないかな?

 

今回のお粥、しらすと桜えびのおかゆ 新商品もおすすめしたいお粥です。

味付きのおかゆを食べたことが無い方は、お粥をイメージするよりも、鍋物をやった時の最後の締め雑炊をイメージして頂いて、味をもっと薄く優しくした感じと思って頂くとわかりやすいかもしれません。

美味しいサムゲタンを食べたことのある方は、あの優しい味でありながら味わい深いあの味のお粥をイメージして頂くと良いでしょう。

百聞は一見に如かずというか一食に如かずというか、是非食べてみて下さい。

しらすと桜えびのおかゆ 新商品の総評

セブンイレブンの新商品、しらすと桜えびのおかゆを各項目5点満点で勝手に評価してみました。

 

斬新さ(目新しさ):5点

前回のサムゲタン風おかゆに比べたらインパクトが少ないので、4.5点寄りの5点です。

ですが、この魚介風味にしらすと何より桜えびを合わせてきたのは斬新だと思います。

 

美味しさ:5点

しらすと桜えび単体の味には少々不満はありますし、桜えびの量にも不満はありますが、値段と手軽さを考えたら十分すぎるほどに美味しいと思います。

なので、5点で評価してみました。

 

コスパ:5点

前回の鶏だし仕立てサムゲタン風おかゆと同じ価格の税込み356円です。

この価格で多少不満が残るとしても桜えびの風味も味わえて、この全体のバランスの取れた美味しいおかゆが食べられるならばコストパフォーマンスは良いと思います。

なので、今回も5点と評価しました。

 

セブンイレブンのおかゆは何か一品でも良いので定番にして欲しいです。

 

しかし、普通の弁当と違い、レンジで加温しなければ食べられませんし、レンチンしてもすぐに食べないと冷めて糊のようになってしまうので、セブンイレブンとしては売るのが難しくて定番になっていないのかもしれませんね。

是非定番にして欲しいと思うくらいに美味しいお粥です。